2007年12月22日

日本酒や焼酎だけでない、能登半島の名産ワイン

引き続き、東京スポーツ11/21付より。
能登半島産ワインを紹介します。


能登産ブドウを100%使用したワインを生産している、石川県鳳珠郡穴水町にある「能登ワイン株式会社」。

国内最大級の16ヘクタールもの広大な畑で生産したブドウをすぐ近くの工場で非加熱処理を行った後、熟成・販売している。

2006年の12月に販売を開始したばかり。
6年ほど前からブドウを植え始めたが、初めはうまくいかなかったという。
そこで、穴水町の特産品であるカキ貝の殻を畑の中に交ぜる土壌改良を行ったところ、「木が天然のミネラルを吸収し、ワインがフルーティーな味わいになった」という。

現在作っているワインの一覧は
・「能登セイベル(赤・白)」


・「マスカットベリーA(赤・ロゼ)」
・「ヤマソーヴィニヨン(赤)」
・「セイベル9110(白)」


・「サンジョベーゼ(赤)」


・「ツバイゲルトレーベ(赤)」

など。
「今後は種類を増やしていくつもり」とのこと。

特に人気が高いのが、「ヤマソーヴィニヨン(赤)」


肉料理全般に合うという。

元々は山梨県で開発された、日本山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニヨン
の交配種で、「その苗木をもらって育てている」とのこと。

能登の風土と相まって、優雅な香りと深みある味わいになった貴重な品種だ。
posted by カミガタ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

石川県能登半島珠洲市の焼酎

11/21付の東京スポーツで、石川県は日本酒のイメージが強いが、能登半島に焼酎やワインの逸品がある、という事で取り上げられてます。

まず能登焼酎から。

能登半島の先端にほど近い、珠洲市にある「日本醗酵化成株式会社」で石川県で唯一麦焼酎を製造しているそうです。
同社の麦焼酎は、添加物を一切使わず、長期熟成の本格麦焼酎ばかり。

「国産の大麦を使い、長期熟成による、まろやかで、口当たり、風味の良い製品をお客様に提供する」と蔵元は記事の中でこだわりを見せています。

同社の製品は
「能登ちょんがりぶし」=奥能登の民謡より


「富士の華」=独自のフルーティーな香りと麦の自然な甘み


「虎の涙」=樫樽貯蔵12年の和風ウイスキーのようなコク、まろやかでキレのある仕上がり



そして一番のオススメが
「フジブランドール」


麦100%の奥能登の超古古酒をブレンド30年熟成。
ブランデーのような口当たり。アルコール41度の強烈な味わい。
焼酎は普通水やお湯で割って飲むのが一般的だが、このお酒に限っては蔵元は「そのままストレートか水を浮かべてロックでお飲みください」との事。

ぜひとも能登の焼酎を。
posted by カミガタ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。