2015年10月09日

すき家の牛すき鍋定食が野菜、肉をグレードアップして再登場!

すき家本部は10月29日、「新 牛すき鍋定食」(税込680円)を全国の「すき家」店舗で発売します。2014年2月初登場で4回目の登場、何が変わったのでしょうか。試食会が行われました。

「牛すき鍋定食」は具材を甘い味付けの割り下で煮込んだ「牛すき鍋」(固形燃料で火にかけられながら提供され、常にアツアツ!)をメインにご飯、卵、漬物をセット。

「牛すき鍋」の具材は、牛肉と白菜、玉ねぎ、豆腐、白ねぎ、うどんに、新たににんじん、青ネギ、しいたけ、白滝を追加。色鮮やかで鍋に合う野菜を選んだそうです。

すき家本部は今年の5月から、「すき家で健康」というコンセプトでメニュー開発をしており、今回の牛すき鍋には厚生労働省が推奨する、一日に必要な野菜摂取量の約3分の1が入っているそうです。健康にも気を使っているんですね。

店舗で生肉から調理するようにしてプリプリとした食感を生み出し、コクのある牛脂も追加。

試食会には、同社代表取締役社長の興津龍太郎氏が参加。商品開発のために、週に2回は牛すき鍋を食べているという同氏。

「家族連れ、特にお子さまに好まれる味だと思っています。毎回勉強をかさねて、今回の味に至りました。肉とうどんにこだわった商品ができたかなと思います」とアピール。

今回の「牛すき鍋定食」は2016年3月までの提供を予定しているそうです。

posted by カミガタ at 20:32 | TrackBack(0) | 外食産業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。