2015年12月23日

日本酒メーカーとお店の新しい試み

マイナビニュースの記事より

日本酒消費量は、1973年頃をピークに右肩下がり。近年は当時の1/3ほどにまで減少しているそうです。国税庁によると2013年の国内成人1人あたりの日本酒(清酒)消費量は、一升瓶で3本を少し超える5.6リットル。2003年が8.1リットルであったことをみれば3割減。ちなみにビールも発泡酒や第3のビールの登場が原因か、90年代後半から最近まで下がる一方でした(ようやく下げ止まりか)

こうした状況に日本酒業界はどう対処しようとしているのでしょうか。

例えばお酒のブランド。
いくつか例を挙げれば、オバマ大統領が来日した際の手土産にも選ばれ、アニメ「エヴァンゲリオン」の作中にも登場する獺祭(旭酒造・山口県)は、一時は倒産も危ぶまれる経営状態から、脱杜氏、IT化を推し進めて国内外ともに高い評価を得る純米大吟醸酒の酒蔵へと生まれ変わっています。

新政酒造(秋田県)は、東大卒の8代目によって普通酒主体の酒蔵から純米造りの蔵へと大きくその姿を変えました。協会六号酵母の発祥蔵でもある新政のNo.6シリーズやCOLORSなど意欲的な日本酒を造り出したほか、秋田県内の蔵元から若手5人が集まって「NEXT5」を結成、酒造りの主要工程をそれぞれが分担して共同醸造するという試みにも多くの注目が集まっています。

誰もが知る日本酒の久保田を造る朝日酒造(新潟県)は、今春、銀座に直営店舗「久保田」を開店した。淡麗辛口として広く知られるブランドを持ちながらも、新たな出会いや気づきを酒蔵自身が伝えていく試みです。

酒販店や飲食店はいかがでしょう。
11月にオープンした御徒町(東京都台東区)に日本酒を仕入原価で提供する「日本酒原価酒蔵 上野御徒町店」。
ここは880円の入場料制。一度入ると、日本酒はすべて仕入原価で提供されます。
一合瓶に小分けされた日本酒の価格はなんと、一升瓶銘柄ならちょうど1/10の価格!

運営するクリエイティブプレイスの中村 雄斗社長は「日本酒一合で1,000円もするなんて利益のとりすぎ。これが日本酒の敷居の高さにもなっている。日本酒を仕入原価で提供することで日本酒にふれる機会を広げ、世界に誇る文化としての日本酒の価値を伝えていきたい」と意気込みを語っています。

「(一升瓶で)3000円から3500円あたりの日本酒が、その蔵元が伝えたい日本酒のイメージが強く出る(同店店長)」とする日本酒を三合呑んでも1,000円ほど。これに入館料の880円と料理やつまみをたのんで4,000円前後です。

4月にオープンした1号店の新橋店では半年ほどで45%ものリピート客を得て、売上も安定しているそうです。
新橋という土地柄、客層は男性サラリーマンが多い中、「20代後半から30代の女性も3割以上、リピーターの女性が上司を連れてきたりもする(同店店長)」と、オヤジっぽいという日本酒のイメージを覆している動きが見られます。

常時50種を揃えるという日本酒銘柄には、獺祭や而今、十四代、飛露喜、田酒といった名だたる銘柄に加え、精米歩合8%という来福酒造の「来福 超精米」といった逸品が並ぶことも(さすがに来福 超精米は一合を原価提供とはいえ2,000円を超える価格です)。特に人気の銘柄は早々に品切れになってしまうことも。
日本各地の日本酒を一合ずつ楽しむことは、新たな日本酒との出会いになるでしょう。

3000円で100酒類の日本酒が時間無制限で飲み比べし放題!をうたう店もあります。
都内の浅草・池袋に店舗を構え、この12月には渋谷にもオープンした「KURAND SAKE MARKET」です。
気になった日本酒を自由に選んで呑むことができるセルフスタイル形式で、食事の持ち込みも可能となっています。

コンセプトは、まだ表舞台には出てきてない丹精込めて造られた日本酒、美味しい日本酒に出会う機会を提供し、日本酒をあまり知らない人にも楽しんでもらうことだといいます。
KURANDでは、蔵元との交流イベントも定期的に行っており、12月には旭鶴(千葉県)、長谷川酒造(新潟県)、小山酒造(東京都)が参加します。日本酒だけではなく、生産者と消費者がお互いに顔が見えるイベントです。

千葉県香取市の老舗酒屋 油忠のサービス「SAKELIFE」は、「あなた専属、日本酒コンシェルジュ」を看板に掲げ、3000円と5000円の2つのコースが用意された日本酒の定期購入サービスは、コースに応じて四合瓶または一升瓶の日本酒が毎月届く仕組みです。購入者から「美味しかった」「先月のは好みでなかった」などのフィードバックをもとに日本酒を選んで届けています。

いろんな工夫によって日本酒の魅力を上げ、新しいニーズを開拓する事が分かっているでしょう
posted by カミガタ at 21:13 | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

国産小麦と海洋酵母を使用したナチュラルパン「バンデロール板橋店」がオープン


東京都板橋区に、安心安全なパンを主軸とした「バンデロール」がオープン
焼き立てベーカリーチェーンのバンデロールは10日、「バンデロール板橋店」(東京都板橋区)をオープンした。

同店は、国産小麦粉と海洋酵母を合わせて使用することで安心安全の、小麦粉の風味豊かなパンを主軸としたベーカリー。

まず、イーストではなく海洋酵母を使ったのは、イーストよりもゆっくり発酵することにより、パン自体が熟成されること。そしてきめが細かく柔らかいパンになり、イーストを使用していないのでイースト臭もしない。小麦粉の風味が良いパンに焼きあがり、やさしい味わいになるなどの利点がある。

また、小麦粉の産地にこだわり、北海道産の小麦粉を採用。さらに海洋酵母は三浦沖、ベジタブルブレッドの野菜パウダーは国産、あんぱんの小倉あんは北海道産などを使用することで安心安全を提供する、としている。

この2つ、国産の小麦粉と海洋酵母を合わせて使用することで安心安全の小麦粉の風味豊かなパンを完成させることができたという。主な商品として、「国産小麦と海洋酵母の食パン」「国産小麦と海洋酵母のベジタブルブレッド」「板橋あんぱん」などを用意した。所在地は、東京都板橋区前野町・カスミ板橋前野町店内。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 20:52 | TrackBack(0) | 外食産業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

鍋焼きうどんのキンレイが特製土鍋付限定『THE鍋焼うどん』のプレゼントキャンペーン開催!

鍋焼きうどんでおなじみ、キンレイが「最高においしい鍋焼きうどん」に挑戦。信楽焼の土鍋もついてくるプレゼントキャンペーンを12月25日まで開催
冬は鍋焼きうどんが温まる!

コンビニ鍋焼うどんファン必見!"最高に美味しい"に挑戦した「THE鍋焼うどん」
コンビニの冷凍コーナーに昔からあるアルミの鍋焼きうどんをご存知だろうか。「子どもの頃、親がよくつくってくれた」「風邪の時によく食べる」という人も多いかもしれない。そんなアルミの鍋焼きうどんを長年にわたり、製造・販売しているのが日本有数の冷凍商品メーカーである“キンレイ”

アルミの鍋焼きうどんは、温めるだけの調理法ゆえ簡便性がフィーチャーされがちだが、同社の商品にはうどん専門店さながらに一から出汁をひき、美味しい状態のまま冷凍するなど、多くのこだわりが詰まっているという。そして、そんな同社が「お客様のため、もっと美味しいものを追求したい」という想いのもと作り出したのが、“最高に美味しい”挑戦した『THE鍋焼うどん』。少量生産となっており、「キンレイ感謝の日キャンペーン」で当選した39名にプレゼントする。

具材である足赤海老は開発チームの担当者が深夜、漁港で待機。浜揚げ後すぐに持ち帰り、調理して凍結。濃厚な旨みを閉じ込めたという。さらに特製の土鍋まで登場する。信楽焼伝統工芸士・篠原希氏に「THE鍋焼うどんをより美味しく食べるための土鍋をつくってくれないか?」とオーダー。昔からキンレイ商品を食べていたという篠原氏はそれを快諾し、『THE鍋焼うどん』用に特製土鍋を制作した。篠原氏は「テーマは“蓋を開けた瞬間の感動”。その瞬間をイメージしながら、全体のフォルムはポッコリとした可愛らしいラインになるように、左右のつまみと蓋の取手には個性をもたせながらも持ちやすさを失わないように気をつけました」と、その“こだわり”を語った。

キャンペーンの応募条件は、パッケージの「なべやき屋キンレイ」ロゴを3枚集めること。『THE鍋焼うどん』を食べてみたい!という方は是非、応募してみてほしい。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 00:55 | TrackBack(1) | インスタント食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

「昭和十三年の屋台の味」がカップ麺に。『末廣ラーメン本舗』醤油味カップ

週刊ASCII編集部でのんべぇとして知られる「なべこ」さん(先日ニコニコ生放送で初めて動いているお姿拝見しましたが、とても綺麗な声されてました)が、ascii.jpで紹介するグルメコーナー

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 の第35回より
東北人を虜にした「末廣ラーメン 本舗」がカップ麺に!恐るべし濃厚黒醤油」のタイトルです。

・「昭和十三年の屋台の味」をうたい文句にしている『末廣ラーメン本舗』の醤油味が、カップ麺になってローソン限定で12月1日から販売。
・末廣ラーメン本舗は、京都の名店から直伝された味で秋田で展開したという「京都生まれ秋田育ち」というユニークな経歴

カップ麺の紹介に移ります
・特徴的な醤油感を出しつつ、ラード感を出すことに試行錯誤
・末廣ラーメンの特徴である濃い醤油スープが再現され、見た目が真っ黒。特徴的な醤油感を出しつつ理想的なラード感を表現したいという末廣店主の強いこだわりを受け、何度も試行錯誤
・具材はチャーシュー2枚にざく切りの白ネギがパラパラ。醤油味の特徴を表現
・麺は、氷結乾燥させたノンフライ麺がつかわれていて、生麺に近いもちもち感。標準のゆで時間は4分ですが、硬めが好みの人は3分程度でオーケーとのこと

紹介の後になべこさんの試食
・スープをすすると、見た目の黒さほどドロドロしておらず、しっかりとした醤油味でありながら、口の中であまりもたつかずどこか上品
・昭和十三年の屋台の味ということで、どこか懐かしい
・濃厚醤油なのに、どこかさっぱりしていて後を引き、日本人の郷愁を誘う味
・カロリーは1食360キロカロリー。食後の感覚が軽いので、メインの食事でもおやつ感覚でもいけます。もちろん夜食にも!
との評価でした!

外見こそ、黒くてドロッとしてますが、王道を行っている味、ですね!

『末廣ラーメン本舗 醤油味』はローソン限定発売で価格298円です!
posted by カミガタ at 09:12 | TrackBack(0) | インスタント食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。