2012年06月21日

冷やすとカップが大文字焼のイメージに。京都富翁の新酒カップ発売

日本酒離れが言われてる昨今。京都の酒造メーカー「北川本家」から新製品「富翁京の町酒カップ」の登場です。
温度によって、ラベルの色やデザインが変わるのは面白いアイデア。
8月には、大文字焼が行われる京都。
この「富翁京の町酒カップ」を片手に祭りを楽しみたいものです

北川本家は、酒どころ京都をアピールするため、また、日本酒をもっと親しみやすく、幅広い層に提供できるように、「富翁京の町酒カップ」の全国発売を開始した。

京都は、日本でも2位の出荷数量を誇る酒どころ。「富翁京の町酒カップ」は、その京都の日本酒を再認識してもらうため、京都にこだわったパッケージ、京都・伏見の伝承の味をカップにした、こだわりの一品となっている。

同商品は、老舗蔵元「北川本家」が造った、こだわりの辛口本醸造。あっさりとした飲み口で、常温でも冷やしてもおいしく飲める。絵柄は、ラベルではなくガラス瓶のカップに直接プリント。ガラスと同じ成分のインキで印刷し、約600度の温度で焼き付けるため、剝がれることはない。繰り返し使っても絵柄は消えず、何回でも使用できるエコ商品となった。

ラベルは正面に京の碁盤をイメージし、清水寺、金閣寺など、実際の位置に準じてデザインした。京の五山もデザインされていて、17度以下に冷やすと、景色が昼から夜に変化するように色が変わる。
価格は399円(税込み)。
(マイナビニュースより)


北川本家の酒「富翁」


https://blog.seesaa.jp/tb/276490214


posted by カミガタ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

カップを冷やすと、大文字の送り火が点火する酒カップ、京都から登場
Excerpt: 日本酒の酒処でも有名な京都。 デザインもひやりとしていて、辛口かつ夜をイメージさせてくれるデザインです。 8月に京都で行われる大文字焼に向けて楽しみな商品です。 北川本家は、酒どころ京都をアピールす..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2012-06-21 22:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。