2007年05月20日

カップ入りコーヒーが女性を中心に人気上昇

スターバックスなどのコーヒー店でもカップコーヒーが当たり前ですからね。コンビニでも手軽に買えるし、まだまだこのブームは続くと見てます。難を言えば缶コーヒーに比べて利益率が低いので、メーカーにとってはコーヒーのように「苦い」と言ったところでしょうか

↓1杯でプエラリアミリフィカ135g。バストアップに有効? ブラジルコーヒー


↓毎日の朝食に、ブラックコーヒーでダイエット寒天コーヒー!


<カップ入りコーヒー>チルドタイプ人気、大手相次ぎ参入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000061-mai-bus_all

チルド(冷蔵)タイプのカップ入りコーヒーの人気が高まっている。清涼飲料最大手のコカ・コーラグループや伊藤園も相次いで新商品を発売、「缶コーヒーにはなじみの薄い女性層を取り込める」と、競争が過熱している。
 カップ入りコーヒーが日本で誕生したのは93年。森永乳業が「スタイリッシュで女性に受ける」と商品化したところ、狙いが当たった。05年9月には、サントリーが米スターバックスと提携して市場に参入。若者や女性層を着実に取り込んでいる。
 今月29日には、缶コーヒーでトップシェアを持つコカ・コーラが、東京都内のセブン―イレブンでカップ入りコーヒーを発売。伊藤園も傘下のコーヒーチェーン、タリーズブランドの商品を14日に発売するなど大手の参入が続いている。
 カップ入りコーヒーは冷蔵したまま輸送するため物流コストがかさみ、利益率は高くない。しかし、缶コーヒーの需要が横ばいの中、右肩上がりで成長しているだけに、メーカーは「見過ごすことができない」(大手飲料)という。
 コンビニ業界もカップ入りコーヒーの品ぞろえに力を入れる。「スターバックスなどを使い慣れた女性客らが気軽に買っていく」(大手コンビニ)といい、女性の来店を促す商品としても期待されている。


posted by カミガタ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。