2015年12月03日

「昭和十三年の屋台の味」がカップ麺に。『末廣ラーメン本舗』醤油味カップ

週刊ASCII編集部でのんべぇとして知られる「なべこ」さん(先日ニコニコ生放送で初めて動いているお姿拝見しましたが、とても綺麗な声されてました)が、ascii.jpで紹介するグルメコーナー

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 の第35回より
東北人を虜にした「末廣ラーメン 本舗」がカップ麺に!恐るべし濃厚黒醤油」のタイトルです。

・「昭和十三年の屋台の味」をうたい文句にしている『末廣ラーメン本舗』の醤油味が、カップ麺になってローソン限定で12月1日から販売。
・末廣ラーメン本舗は、京都の名店から直伝された味で秋田で展開したという「京都生まれ秋田育ち」というユニークな経歴

カップ麺の紹介に移ります
・特徴的な醤油感を出しつつ、ラード感を出すことに試行錯誤
・末廣ラーメンの特徴である濃い醤油スープが再現され、見た目が真っ黒。特徴的な醤油感を出しつつ理想的なラード感を表現したいという末廣店主の強いこだわりを受け、何度も試行錯誤
・具材はチャーシュー2枚にざく切りの白ネギがパラパラ。醤油味の特徴を表現
・麺は、氷結乾燥させたノンフライ麺がつかわれていて、生麺に近いもちもち感。標準のゆで時間は4分ですが、硬めが好みの人は3分程度でオーケーとのこと

紹介の後になべこさんの試食
・スープをすすると、見た目の黒さほどドロドロしておらず、しっかりとした醤油味でありながら、口の中であまりもたつかずどこか上品
・昭和十三年の屋台の味ということで、どこか懐かしい
・濃厚醤油なのに、どこかさっぱりしていて後を引き、日本人の郷愁を誘う味
・カロリーは1食360キロカロリー。食後の感覚が軽いので、メインの食事でもおやつ感覚でもいけます。もちろん夜食にも!
との評価でした!

外見こそ、黒くてドロッとしてますが、王道を行っている味、ですね!

『末廣ラーメン本舗 醤油味』はローソン限定発売で価格298円です!
posted by カミガタ at 09:12 | TrackBack(0) | インスタント食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430623223

この記事へのトラックバック