2015年12月12日

国産小麦と海洋酵母を使用したナチュラルパン「バンデロール板橋店」がオープン


東京都板橋区に、安心安全なパンを主軸とした「バンデロール」がオープン
焼き立てベーカリーチェーンのバンデロールは10日、「バンデロール板橋店」(東京都板橋区)をオープンした。

同店は、国産小麦粉と海洋酵母を合わせて使用することで安心安全の、小麦粉の風味豊かなパンを主軸としたベーカリー。

まず、イーストではなく海洋酵母を使ったのは、イーストよりもゆっくり発酵することにより、パン自体が熟成されること。そしてきめが細かく柔らかいパンになり、イーストを使用していないのでイースト臭もしない。小麦粉の風味が良いパンに焼きあがり、やさしい味わいになるなどの利点がある。

また、小麦粉の産地にこだわり、北海道産の小麦粉を採用。さらに海洋酵母は三浦沖、ベジタブルブレッドの野菜パウダーは国産、あんぱんの小倉あんは北海道産などを使用することで安心安全を提供する、としている。

この2つ、国産の小麦粉と海洋酵母を合わせて使用することで安心安全の小麦粉の風味豊かなパンを完成させることができたという。主な商品として、「国産小麦と海洋酵母の食パン」「国産小麦と海洋酵母のベジタブルブレッド」「板橋あんぱん」などを用意した。所在地は、東京都板橋区前野町・カスミ板橋前野町店内。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 20:52 | TrackBack(0) | 外食産業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431084926

この記事へのトラックバック