2007年06月26日

大阪・鶴橋の「珈琲館 ロックヴィラ」のキムチサンド

今日の大スポの「街の舌品」というコーナーに、鶴橋の喫茶店の名物が紹介されていました。

記事の内容から抜粋しますと…

コリアタウンである鶴橋商店街の焼肉料理店街の一角にある店の一つの「珈琲館 ロックヴィラ」(水曜定休・8時〜18時半)。

シックな正統派の喫茶店で、カウンター席に背もたれつきの大きめの椅子もあり。

注文ごとにサイフォンで入れる本格コーヒーが300円、ピラフ500円、オムライス550円。

500円のキムチサンドが圧倒的な人気。ほとんどのお客様はこれがお目当てといって過言ではない。

バターを塗ったトーストに、ロースハムやきゅうり、ゆで卵とマヨネーズなどのおなじみの具に加え、コリアンタウンで入手し、ママがさらにひと手間加えて発酵させ、うまみをアップした白菜キムチをたっぷりとサンド。一見異色ですがこれが本当にうまいんです。

「浅漬けじゃダメだし、発酵させすぎてもダメ。キムチを絞って水気を取ることも大切だけど、これ全部手でやるから、もうすっかり腱鞘炎になってますねん」とママ。

やはりこのうまさの秘密はママの愛情?!

という内容でした。

そう言えば、10日前鶴橋から上本町まで歩いた時に、この鶴橋商店街の中を通ったのですが、焼肉料理店ばかりの中、異彩だった喫茶店があった事を覚えています。

あのお店が「珈琲館 ロックヴィラ」だったんだと思い出しました。
近いうちに食べに行きたいな、と思います。



posted by カミガタ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。