2009年10月06日

「ハッピーターン」の粉が増量。新キャラも登場!

わかります。
ハッピーターンは、「粉」が魅力なんですよね。
「ハッピーパウダー」という名前がついているなんて初めて知りました。
アウトドアやパーティーの定番ですね。このお菓子。

(ナリナリドットコムより)
パウダー増量の新「ハッピーターン」、新キャラ「ターン王子」も登場。

食べ出すと止まらない。そんなお菓子はたくさんあるが、特に“中毒性”の高いお菓子のひとつとして人気なのが、亀田製菓の「ハッピーターン」だ。その味の決め手であり、“魔法の粉”と呼ばれることもあるハッピーパウダーは別売りを希望するファンもいるほど、不思議な魅力(魔力?)を持つことでも知られている。そんな「ハッピーターン」がこのたびリニューアルを敢行。ハッピーパウダーの量を増やし、新パッケージを採用した商品を10月19日から発売する。

新しい「ハッピーターン」は、ハッピーパウダーを生地に付着させる「パウダーキャッチ製法」を進化させ、「でこぼこゾーン」(小さな凸凹)と「パウダーポケット」(表面の小さな溝)を増加させたもの。これにより、ハッピーパウダーの量をアップさせることに成功し、従来よりも、より濃いハッピーパウダーを味わうことができるようになった。

また、今回のリニューアルに伴い、新キャラクターの「ハッピー王国のターン王子」を採用。これまで「ハッピーターン」のパッケージには「ハピたん」が採用されていたが、新しいパッケージは「ターン王子」を前面に押し出したデザインとなっている。

なお、「ターン王子」は今後、商品やホームページ、店頭、キャンペーンなど、さまざまなシーンに登場していくという。
posted by カミガタ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ビスコのクリーム量が自由に選べる「手作りキット」

食育としてはどうかと思いますが、単純に面白そうですね。
ビスコってビスケットもクリームも他にない独自のもので、私は好きです。

(ITMediaより)
「ビスコ」に好きなだけクリーム塗れる「手作りキット」


江崎グリコは、クリームサンドビスケット菓子「ビスコ」の新商品として、ビスケットとクリームが別々になっている「ビスコ<手づくりキット>」を7月8日に全国で発売する。

 ビスケットの裏に好みの量のクリームを塗り、もう1枚のビスケットではさめば、“手作りビスコ”のできあがり。子どもでも手軽にお菓子作りを体験でき、食育につながるとしている。

 ビスケットは8枚×3袋、クリームは9グラム×3袋入り。オープン価格で、8月末ごろまでの限定販売。ターゲットは30〜40代の主婦とその子ども。
posted by カミガタ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。