2007年09月19日

レバ刺しは視力低下、抗ストレス、貧血に効果あり

東京スポーツ9月7日に発売号で、レバ刺しについて書かれている記事を見ました。

豚のレバーは、「ビタミンAとBの宝庫。抗ストレスビタミンのパントテン酸も豊富で、ストレスに強い体を作ってくれる」と栄養士。
特にアルコールやビールを飲む人はパントテン酸が消耗しやすくなっているので、意識して摂取する事を栄養士は勧めています。

また豚のレバーは貧血やドライアイ、視力の低下などにも威力を発揮してくれるという。

特に豚のレバーはビタミンAをたっぷり含んでいます。
ビタミンAが不足すると、免疫力ダウン、風邪を引きやすい、食欲がガクンと落ちる、口内炎ができやすいなどの症状が起きます。

記事中に登場してきた栄養士によると、「不足によるダメージは少なくないのに、気づきにくいのがビタミンのやっかいなところ」だそう。

ビタミンAを配合した製品
  
posted by カミガタ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

京都緑茶対決勃発か? コカコーラが老舗茶舗と協働で新緑茶「綾鷹(あやたか)」発表

宇治茶とのコラボレーションといえば、サントリーの「伊右衛門」ですが、「壮健美茶」「からだ緑茶」のコカコーラも勝負をかけてきました。
サントリーより高級路線で勝負。
425mlペットボトルで158円なんだそうで、果たして人気商品となるか?

(MYCOMジャーナルより)
ペットボトルで楽しむ京のお茶--老舗茶舗とのコラボでプレミアム緑茶が誕生

コカ・コーラシステムは28日、ペットボトル飲料におけるプレミアム緑茶の新ブランド「綾鷹(あやたか)」を発表した。同ブランドは、450年の歴史を持つ京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」との協働によって生まれたもの。10月8日には新製品「綾鷹上煎茶」を発売する。

(中略)
同社ブランドマーケティング本部ティーカテゴリー統括部長の土合朋宏氏から、製品説明がなされた。

「現在、緑茶の飲用動機は主に"リフレッシュ・食事系"と"リラックス系"に大別される。リフレッシュ系は食事をしながら飲んだり、食後に口の中をすっきりさせるために飲むお茶。ほっと一息つきたいといったようなリラックス系としては、急須で淹れるお茶が飲用され、既存のペットボトル緑茶ではそのニーズを満たしきれていない」と土合氏。

食品でもペットボトル飲料以外のカテゴリ、例えばビールやアイスクリームといった分野を見てみると、プレミアム市場が拡大しつつあるが、ペットボトルの緑茶市場においては価格の低下傾向があるという。そこで、"ワンランク上のプレミアム緑茶"というコンセプトを掲げ、京都の老舗茶舗・上林春松本店に声掛けをし、1年以上の時間をかけて誕生したのが綾鷹ブランドとのことだ。

「茶葉を販売する私たちはこれまで、ペットボトルの緑茶という存在は、急須で淹れるお茶の文化を衰えさせる恐れもあると考えてきました。しかし、ペットボトルで良質なお茶を販売することによって、お茶に馴染みのない世代にもお茶のよさを知ってもらうよい機会になると思い、開発に参加することになりました」と語るのは上林春松本店・代表取締役社長、上林秀敏氏。

(中略)

9月24日からは大規模なサンプリングを実施。同社Webサイトにて申し込むと、職場へ綾鷹 上煎茶を1ケースプレゼントされるといった内容になっている。
posted by カミガタ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

地ビールが、技術アップと、クセ味楽しめるファンの増加で人気回復

おいしいのなら、値段が多少高くても味わう人は多いかと思われます。
「限定」という言葉に人は弱いですからね。

ネット販売の普及も、後押ししてくれるでしょう。

ネットで買える地ビールの数々
  

(日刊ゲンダイより)
近ごろ「地ビール」がうまいらしい

麦芽やホップ、酵母などを独自に組み合わせ、それに合わせた発酵温度で仕上げた地ビールが、人気回復している。酒税法改正で94年に解禁されたが、英国風とかドイツ風の慣れない味と少量生産による高めの値段がネックで、地ビールブームは数年で終息。しかし、各メーカーの技術の向上と、値段が高めでも独特の香り、コク、苦味に魅力を感じる“地ビール党”が近ごろ増えている。

●約270社が1500銘柄を生産
「日本地ビール協会」の小田良司会長はこう説明する。

「現在、地ビールメーカーは約270社で、合計1500銘柄が生産され、年間生産量は2万5000キロリットルです。ビール全体に占めるシェアは0.3%。地ビールブームのピークだった99年ごろは、310社ほどで、約1000銘柄あり、年間生産量は2万キロリットル弱。メーカーは減りましたが、銘柄数も生産量もシェアも増えています。各メーカーの技術力アップと、クセのある味を楽しめるファンが増えているのが背景になっています」

 日本地ビール協会が主催する地ビールの祭典「ジャパン・ビアフェスティバル」(チケットを買えば、飲み放題)も98年の東京を皮切りに大阪、9月には横浜でも開催される。毎年、どこの会場も入場者を制限するほどの人気ぶり。

●ネット通販で買う個人客が急増

「いわて蔵ビール」を造っている岩手県一関市「世嬉の一酒造」の佐藤航醸造責任者はこう言う。

「年間16銘柄ほど、地ビールを造っています。売り上げは年間約8000万円と、最低だった2000年当時と比べて5000万円増えました。ネット通販で買う個人客が一番増えて、全体の取引の40%にまで達しています」

 また、地ビールが売り物の東京と横浜の飲食店は300店ほどあるという。

●ゴクゴク飲んではダメ

 地ビールのうまい飲み方について、東京・墨田区の地ビールパブ「麦酒倶楽部 POPEYE(ポパイ)」オーナー・青木辰男氏のアドバイスはこうだ。

「普通のビールのようにゴクゴク飲むのではなくて、少し飲んでは口の中で、香り、コク、苦味を味わってください。炭酸は弱めが多く、腹もそんなに膨らみません」

●人気ベスト3銘柄を飲んだ

 店にある40種の地ビールのうち人気ベスト3は、山梨・富士桜高原「ヴァイツェン」、静岡ベアードビール「帝国IPA」、いわて蔵ビール「IPA」だ。

 飲んでみた。

 小麦入り「ヴァイツェン」はすっきり味。ホップが多い「帝国IPA」は苦味が強い。こちらもホップが多めの「IPA」は渋味が際立っていた。
posted by カミガタ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

大阪・鶴橋の「珈琲館 ロックヴィラ」のキムチサンド

今日の大スポの「街の舌品」というコーナーに、鶴橋の喫茶店の名物が紹介されていました。

記事の内容から抜粋しますと…

コリアタウンである鶴橋商店街の焼肉料理店街の一角にある店の一つの「珈琲館 ロックヴィラ」(水曜定休・8時〜18時半)。

シックな正統派の喫茶店で、カウンター席に背もたれつきの大きめの椅子もあり。

注文ごとにサイフォンで入れる本格コーヒーが300円、ピラフ500円、オムライス550円。

500円のキムチサンドが圧倒的な人気。ほとんどのお客様はこれがお目当てといって過言ではない。

バターを塗ったトーストに、ロースハムやきゅうり、ゆで卵とマヨネーズなどのおなじみの具に加え、コリアンタウンで入手し、ママがさらにひと手間加えて発酵させ、うまみをアップした白菜キムチをたっぷりとサンド。一見異色ですがこれが本当にうまいんです。

「浅漬けじゃダメだし、発酵させすぎてもダメ。キムチを絞って水気を取ることも大切だけど、これ全部手でやるから、もうすっかり腱鞘炎になってますねん」とママ。

やはりこのうまさの秘密はママの愛情?!

という内容でした。

そう言えば、10日前鶴橋から上本町まで歩いた時に、この鶴橋商店街の中を通ったのですが、焼肉料理店ばかりの中、異彩だった喫茶店があった事を覚えています。

あのお店が「珈琲館 ロックヴィラ」だったんだと思い出しました。
近いうちに食べに行きたいな、と思います。

posted by カミガタ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

IT戦士を癒す赤いウーロン茶出た!

コンピュータを中心としたIT産業に携わる人向けに、ぴったりのドリンクがキリンビバレッジから発売されました!

天然の赤い色素「アスタキサンチン」を配合した製品は他にもこんなものがあります
  

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ITMediaより
IT戦士を癒す赤ウーロン茶 その名も「アイティー」

キリンビバレッジは、「IT生活をリフレッシュする」という赤いウーロン茶「キリンアイティ(I-Tea)」(189円)を6月26日に発売する。健康効果が注目されているという天然の赤い色素「アスタキサンチン」を配合した飲料で、「高度にIT化された環境に働く現代人に、うるおいと元気を補給できる」としている。
画像 真っ赤だが、飲んでも仕事が3倍速くなったりはしないようだ。ボトルはスリムにし、持ち運びやすくした

 苦味・渋みの少ないウーロン茶をベースに、ジャスミンの香りをブレンド。1本(350ミリリットル)にアスタキサンチンを6ミリグラム配合し、「リフレッシュに最適なスッキリとした味わい」(同社)にした。

 アスタキサンチンはカロテノイド系の赤い色素。高い抗酸化作用があるとされ、サプリメントや美容液などにも使用されており、「コエンザイムQ10 に次ぐ注目の成分」(同社)という。アイティには緑藻類の1種「ヘマトコッカス藻」から抽出したアスタキサンチンを配合。同社独自の「ナノ粒子加工」により、飲みやすい無糖茶に仕上げた。

 同社は「現代人は、PC、携帯電話などで高度にIT化された環境で多くの時間を過ごしている。赤は生命力や活力を連想させる色。見て、飲んで、うるおいと元気を補給できるIT生活の必需品となるような、新しい飲料のスタイルを提案する」としている。

(中略)

飲んでみると、ウーロン茶特有の苦味や渋みは控えめ。味はストレートティーに近く「JAVA TEA」(大塚ベバレジ)にも似ている。記者は渋みや苦味の強いウーロン茶が苦手なので、おいしくいただいた。うるおいと元気を補給できたかは分からないが、ジャスミンの香りに少し癒された。
(後略)
posted by カミガタ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(2) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品薄続く「らーめん缶」 ヒットの舞台裏

らーめん缶の社長が産経新聞から取材を受けました。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(産経新聞より)
品薄続く「らーめん缶」 ヒットの舞台裏

二つ折りのフォークが付いているので、缶のふたを開ければ、そのまま食べられる。その手軽さが受け、4月の発売以来、品薄状態が続いている。画期的なのは、めんがスープに漬かっているにもかかわらず、伸びないこと。めんの素材にコンニャクを使うことで実現させた。

 「通常のめんの食感に近づけるため、製法にも独自の工夫を凝らしている」とは、販売元である食品プロデュース会社「UMAI(ウマイ)」の社長、山崎猛司さん。製造は専門業者に委託している。

 ヘルシー志向の女性にも好評だという。現在ある3種類の内容量は各290グラムで、「醤油(しょうゆ)味」が58.0キロカロリー、「味噌(みそ)味」が84.1キロカロリー(各300円)、今月発売の「冷やし麺(めん)」も69.6キロカロリー(350円)。常温でも食べられるが、「醤油味」「味噌味」は湯せんにかけるか別の容器に移して温め、「冷やし麺」は冷蔵庫で冷やすのがお勧めだ。

 めんを缶詰にするという考えは、非常食の発想から生まれた。企画開発に携わった東京・新宿の人気ラーメン店「麺屋武蔵」の店主、山田雄(たけし)さんは、平成16年に起きた新潟県中越地震の際、現地でラーメンを作って被災者に提供した経験がある。

 山田さんは「水も火も使わずに食べられれば、災害時にきっと役立つと思った」。また、「火を使えない年齢の子供が、親の留守中におなかを空かせても、安全に食べることができる」とも。

 保存期間は3年間。缶を容器にした理由には、再利用のしやすさもある。備蓄用食品として、官公庁からの問い合わせもあるという。

 販路は対面もあるが、注目されているのは自動販売機。自販機での販売を一手に引き受ける自販機製造販売会社「フジタカ」のマネジャー、室谷(むろたに)真吾さんは「売り上げが落ち込むたばこ店の自販機で、たばこと一緒に売ることで、集客増につながっている」と明かす。

 現在の商品は「札幌」ブランドだけだが、今後は各地の名物ラーメンの味を再現していく計画だという。
posted by カミガタ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(1) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

煮干しとパプリカを使った簡単マリネ

マイコミジャーナルのカラダに効く「健康料理レシピ」に、腸内健康に貢献する献立、パプリカと煮干しのマリネが掲載されていました。

主食材のパプリカは、姿形がピーマンとそっくり似ている。では、パプリカとピーマンの違いは一体何なのだろう? 実のところ、両者を明確に分ける定義はなく、ピーマンは唐辛子の仲間で、品種改良によって唐辛子の辛味をなくし大型化したもの。また、ピーマンのなかで大型のものを総称してパプリカと呼んでいる。赤、黄、茶、橙とパプリカはそのカラーバリエーションが実に豊富。パブリカの輸入先はオランダや韓国が主だが、最近では日本でも作られるようになっている。
ピーマンのなかで大型のものを総称してパプリカと呼ぶ
(該当記事より)

記事では煮干しとパプリカをたれに漬け込むだけの簡単で美味しい常備菜(作り置きのおかず)とその材料・作り方を紹介しています。
煮干しは細胞の新陳代謝を活発にし、ダメージを修復する核酸を豊富に含んでいて、細胞の新陳代謝が盛んな腸内粘膜にうれしい栄養素ともいえよう、という事です。

 
posted by カミガタ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

エースコックがMixi内で新カップめんのアイデア募集コミュニティを期間限定開設

エースコックの特設ページによると、
SNS「mixi」内の公認コミュニティ「夢の!カップめん開発オーディション」にてカップめん史上初のエースコック新商品開発プロジェクトを始動!
だそうです。
6/25までMixiに専用のコミュニティができ、そこでアイデアを募集するそうです。
参加者の中から抽選で100名様に、エースコック商品もプレゼントされるそうなので、Mixiアカウントがあり、興味を持っている方はぜひ!
posted by カミガタ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(1) | インスタント食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

あの札幌らーめん缶に冷やし麺登場!

夏が来たという感じですね。
この冷やし麺ですが楽天ショップの「とらさんSHOP」でも販売されていました

 

IMPRESS Watchより)

新しいアキバ名物としてすっかり人気が定着した「札幌らーめん缶」の新テイストとして、「札幌らーめん缶 冷やし麺」が発売になった。販売を確認したのはコンビニエンスストアのam/pm 外神田4丁目店(ブロックF2-[a5])で、実売価格は1個368円だ。

 初代らーめん缶の「醤油味」「味噌味」と同じくこんにゃく麺ベースだが、夏向けに冷やして食べるようになっており、ホットで食べる初代とは違った趣がある。スープは醤油スープに薄い酸味とピリ辛風味をつけたもので、具材はシナチクと小さなエビ。内容量はこれまでと同じ290g(固形量90g)だ。発売元はUMAI FU。

 同店ではこれをレジ前に積み上げ、「アキバ名物」とPOPに大きく掲げて販売しているが、チチブ電機(ブロックD1-[b6])やあきばお〜各店、各所の自販機などの既存らーめん缶販売ポイントでの発売は未確認。こうした「アキバ名物」の発売開始がコンビニからになるのは異例のことだ。

 なお、これが全国のam/pmで販売されているのか、外神田4丁目店限定なのかは不明。
posted by カミガタ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(2) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

B級グルメNo1の富士宮やきそば

富士宮市の名前を上げたブランド、富士宮やきそば。
そのブームは相変わらずですね。

そんな富士宮やきそばが買えます。
 

(時事通信社より)
B級ご当地グルメ日本一を決める祭典「B−1グランプリ」が2、3日の両日にわたって静岡県富士宮市で開催され、グランプリに2年連続で地元の「富士宮やきそば」が、準グランプリには青森県八戸市の「八戸せんべい汁」が輝いた。
 「B−1」は、安くておいしく、地元の人に愛されている料理を通じた町おこしを目指し、昨年2月に八戸市で第1回が開催された。来場者が使った割りばしを気に入った料理に投票し、獲得重量が最も重かった料理がグランプリに選ばれる。 
posted by カミガタ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(1) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。